OREO's page

アクセスカウンタ

zoom RSS 竹木の枝の切除、根の截取(民法233条)

<<   作成日時 : 2011/09/14 21:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

1.隣接地における越境物の切除の有無

民法233条(竹本の枝の切除及び根の切取り)
第1項 隣地の竹本の枝が境界線を越えるときは、その竹本の所有者に、その枝を切除させることができる。
第2項 隣地の竹本の根が境界線を越えるときは、その根を切り取ることができる。


民法第233条第1項により隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは切除を請求でき、第2項により、隣地の竹木の根が境界線を越えるときは(こちら側で)切除できると民法で規定されています。

なぜなら、枝には果実や観賞用という付加価値がつく場合があり、枝と根では価値が異なるからというのが一つの理由。そのため、勝手に枝を切った場合は、器物損壊罪(刑法第261条)に該当する恐れがある。なお、器物損壊罪は親告罪である。

刑法第261条(器物損壊等)
前三条に規定するもののほか、他人の物を損壊し、又は傷害した者は、三年以下の懲役又は三十万円以下の罰金若しくは科料に処する。


刑法第264条(親告罪)
第259条、第261条及び263条の罪は、告訴がなければ公訴を提起することができない。


では、越えたといえるだけで切除の請求ができるかといえば、それだけでは権利の濫用にあたり、単に枝が越境しているだけではなく、それに加えて、枝の越境により、下記の@〜Bの要件が必要である。

@落葉被害が生じている。
A落葉被害が生じる恐れがある。
B@とAのような何らかの被害を被っていたり、被るおそれがある。

2.切除の請求

民事執行法第171条(代替執行)
第1項 債務者が任意に債務の履行をしないときは、債権者は、その強制履行を裁判所に請求することができる。ただし、債務の性質がこれを許さないときは、この限りでない。


民法第414条(履行の強制)
第2項 債務の性質が強制履行を許さない場合において、その債務が作為を目的とするときは、債権者は、債務者の費用で第三者にこれをさせることを裁判所に請求することができる。


竹本の所有者に請求して切除(債務の履行)してくれないときは、その履行を強制するために裁判所に請求することができる(民事執行法第171条第1項)。そして、竹本の所有者(隣接地所有者でなく)の費用で、第三者(切除する業者)に越境している枝を切除させることを裁判所に請求することができる(民法第414条第2項)。

3.根の截取権

旧民法では民法第233条第2項では「切り取ることができる。」ではなくて「截取(せっしゅ)することができる。」となっており、つまり、截取とは取り取り、かつ、その根の所有権を取得することである。

ただし、根を切ったことにより木が枯れたり、腐ったりというようなことがおきるのであれば権利濫用により不法行為責任(民法第709条)を取られる恐れはあるかもしれない。

民法第709条(不法行為による損害賠償)
故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、二れによって生じた損害を賠償する責任を負う。


そうなれば民法第233条第2項を理由に否認する立場を取り、それに対しては根が越境してきたことについて具体的に被害を被っているということが必要かもしれませんね。

とはいっても、枝の切除請求権、根の截取権は共にあるとしてもそれよりも先にまずお隣りにお願いする姿勢が隣人関係のトラブルには不可欠。

あとは隣地の竹本が植えられたのがこちらが土地を取得する前か後かで侵害の度合いが少し変わるでしょう。

ブログパーツ



ステンレス 丸刃コブ切 (小) 3205
喜久和

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ステンレス 丸刃コブ切 (小) 3205 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
正にこの事で悩んでいました。お答えいただけたら幸いです。
最後のアドバイスに反する様で申し訳ないのですが、隣人との仲は修復不能です。
隣人が境界ギリギリ樫の木(根の成長が凄く早い)を植えました。
こちらの敷地内で、境界ギリギリに土を低栄養にする薬を撒くというのはどうなのでしょうか?
ThanX
2012/05/10 20:53
ThanXさん、お悩みとのことで良き返事が出来るかどうか分かりませんが、お答えします。

まず、微妙なところですが、低栄養にする薬だとしても撒かない方が良いと思います。これをしたがためにそれが発覚して相手の方から後から何を言われるか分かりませんから。

次に自分の敷地内では境界付近であろうと樹木を植えてはいけない、という規定がないために単に植えるなという請求はできないだろうと思います。

ただ、民法には下記の妨害予防請求というものが規定されています。だから、樫の木は成長が早く落ち葉被害が予想されること、それが境界付近に植えられていることから自分の敷地内に相当程度の被害を被る恐れがあり、そこから→樫の木とは・・・という属性を持ち、・・・だから被害はこれだけは予想されるなどのことをつらね、よって、樫の木を被害が及ばない位置に移動させる等の予防をしてほしいという請求ができるかもしれません。

(占有保全の訴え)
第百九十九条  占有者がその占有を妨害されるおそれがあるときは、占有保全の訴えにより、その妨害の予防又は損害賠償の担保を請求することができる。

それ以前に隣人の方との仲が修復不能というのは何があったのでしょうか?もう本当に修復不能なのでしょうか?それから境界は既に決まっているのでしょうか?それ如何によっても境界付近ではないと突っぱねられない恐れもあるかもしれません。

OREO
2012/05/11 21:07
ご丁寧に返信ありがとうございます。

隣人とはその境界のブロック(4段のブロックの上に柵がある感じです)を作る時や、うち以外ともトラブルが絶えない方なんです。なにかといちゃもんをつけてきて、家の門前で2時間どなりちらしたりする人で。警察にも相談しているのですがおさまらなくて。
そのため「生産的な話は出来ず葉っぱが落ちてくるからとか、根が伸びてくるから」のように真っ当な相談は出来ません。そもそも樫の木も家庭用ではなく、それを何本も境界ギリギリに植えてきているのでおそらく嫌がらせです。

かと言って、アドバイスの様に法的に樫の木を移動させる措置をとった場合、措置を勝ち取ったとしてもどなりちらす等の嫌がらせが増加しそうです。

そこで、気づかれないように土を低栄養にしてしまえたらいいなと考えていたのです。
この手の相談を他のサイトでもしたことがあるのですが、だいたいの方は撒くのはやめた方がベターだとおっしゃります。
自分の所有地に木を植えるのは自由なのに、自分の所有地に除草剤を撒くのはまずいんですかね?

アドバイスに則した返信でなくて失礼だとは思いますが、お答え頂けたらありがたいです。
ThanX
2012/05/15 20:14
その内容でいくと、本当に話し合いでは解決できなさそうですね。どうやら低栄養の薬を撒くしかないようですね。

私が思うに大義名分があれば良いのだと思います。自分の所有地に低栄養の薬を撒く何らかの理由があれば問題がないと考えます。

ThanXさんも境界付近から少し放して木とは言わなくても何らかの植物(そんなに何本もいらないと思います。)など植えてみてそれに対する薬という意味づけで撒くというのはどうでしょうか?

実際にその植物の近くに撒くのではなく隣接地の木のすぐ近くに撒いて成長を遅らす?ようにする。何か言われたら自分の植物のためにやっていると言い返す。

気になるのはその薬はどの程度の効用を持つものなのか?低栄養なので枯れさせるまではいかないのだと思いますが・・・。
OREO
2012/05/15 21:00
書き忘れてましたので補足します。

民法には下記の権利濫用禁止の原則があります。自分の所有地内なのになぜ自由にしてはいけないのか?の理由はこの条文からきています。もちろん、自由にしては良いのですが、権利の濫用はいけませんよと規定されているからです。

宇奈月温泉事件(大判昭和10月5日)の判決では外観上が良くても、実質的な利益不利益によって権利の濫用になるとされています。

だから、客観的・主観的共にそれをする理由が必要であると思いますので、薬を撒く際には注意して撒かれた方が良いと思います。

民法第1条(基本原則)
第3項 権利の濫用は、これを許さない。
OREO
2012/05/16 09:06
よく分かりました。

残念なことに、そのブロックと自分の住宅間は砂利を敷き詰めている状況なので、大義名分はありません。その場合によってはこちらが悪いということもあり得るということもあり得るということですよね!?

雑草の種でも撒いて、低栄養にするしかないのでしょうか。それもまた変な話ですよね。

ややこしい相談にのって頂いてありがとうございました。
こちらに落ち葉などの実害が出てから、それを貯めておいたりして、しっかりと対応した方がベターかもしれないですね。
ThanX
2012/05/16 22:33
今の現状を申しますと、未来の被害を内在してはいるものの相手はまだ害をなしていないという中、ThanXさんの方では害をなしてしまう(害の程度にもよりますが)可能性があるという状況にあります。

>アドバイスの様に法的に樫の木を移動させる措置をとった場合、措置を勝ち取ったとしてもどなりちらす等の嫌がらせが増加しそうです。

これを読んでいますと、どのような法的措置を取ったところで嫌がらせは続くということですね。ということは落ち葉の問題がたとえ解決しても他にも嫌がらせは続くことになるということですよね?

話し合いは無理だし、お隣りのことだから法的にはしたくない。だから、何とか未来において害が及ばないようにする、というところから相手だって自分の敷地内に自由にしているのだから、こちらだって自由にさせてもらうという理屈はよく分かります。でも、それは上記に書いた状況となってしまいます。

解決方法はやはりその人だと思います。嫌がらせに一個一個解決したとしても新たな嫌がらせが続くと思います。

他の人もこの人に対して悩まされているのであればその人らで募るというか協力しあうというのはどうでしょうか?そして、それぞれに害があったことを記録する(写真や動画も撮っておく)など。

あまり、解決になっていないかもしれないですが。
OREO
2012/05/17 22:12
ずいぶん前の投稿ですが、当方も現在同様の問題で悩んでいます。背丈が1.5メートルを超える草木やツタが我が家に延びてきており、問題のお宅はと境界線ブロックの間にトタンを建てているため、まったく管理ができません。
そのため、我が家のほうにすべて伸びてきており、昨年お願いして我が家の庭のほうから伐ってもらいましたが、根本的解決をしていたいため、毎年伸びてきています。
そのため、我が家で刈ったりしているため、林家の竹木のために金銭的、時間的、、労働的にも我が家が負担しています。
今年はつる性の植物がひどく、数回自宅敷地内でからまったことにより転倒しているため、根本的対策をお願いしたところ、その金銭を払いたくないし、休日は遊びに行きたいから、いちいち文句を言われるこっち(竹木があるお宅)が不愉快な思いをしていると言われ、まさに逆ギレをされました。
当方持病があるため、体力のいる労働はできませんし、つるで転んで切るにもかかわらず、一言もあやまらないどころか、私が嫌がらせをしているようにはっきい言われました。
強い口調で言われたため、元からメンタル系の病気をあったのが悪化して、自宅にいても怖くて震えが止まらず不眠症もひどくなっています。
すでに逆切れをされているので、本当に怖いです。
当方、健康上お勤めにも出られず、国からの給付金で生活をしているので金銭的にもきついのに、隣の竹木の対策費用への出費も非常にきついです。
また、植木鉢を置いていても50センチ以上竹木が、延びていて、まったく自己所有の敷地を使えません。
ブンブン
2016/10/31 15:39
ブンブンさんはもう一度お隣りさんと話し合いをすることができるのでしょうか?できないのであれば第三者(弁護士等)に立ち会ってもらうしかありません。

話し合いができるのであれば譲歩をして話し合いに持ち込むのはいかがでしょうか?だいぶお隣りを怒らせてしまっているようなので、菓子折りでももって行って「この前はすみませんでした、その分も含めていくらか金銭的にはこちの割合を増やしますので根本的対策にのっていただけないでしょうか?」と。それか「業者には私の方で全て連絡してやりますので、1回で終わらせますので休日に一度お手を煩わせてもらえないでしょうか?」と。

その際に文書(覚書など)を交わしておくことが肝要だと思います。
OREO
2016/10/31 19:33
レスコメント、有難うございます。そもそも、自分の敷地内のものが越境しているのであれば所有者が管理をするのが当たり前だと思うのですが、要は自分たちはお金をかけたくないということです。昨年、玄関にも入ることができない状態にまでなっていたので、木は伐ってもらったのですが、ふつうは向こうがこちらに迷惑をかけたと謝るべきなのに、その時もさんざん文句を言われて、不本意でしたがお礼にちょっとした物をもって挨拶には伺いました。まったく向こうはすべて私がいちゃもんをつけていると言い、先にも書きましたがこちらが転倒したり草刈りをしたりいろいろと費用を払って大変だと言っているにもかかわらず、自分はやらないと謝罪もありません。雑草が伸びるのは仕方ないのだから、そっちで処理してくださいよみたいなことまでかなり強い口調で言われました。今回、我が家の雨どいが壊れていて雨の滴る音で迷惑を受けているといわれたので、それは私のほうで直さないといけないとは思うので、金額はかなりかかりますが、私の敷地ないのことでご迷惑をおかけしているので、早急に直しますといいましたし、先方も金額がかかっても直してくれないと困るというくせに、先方に言っているこちらが完全に被害を受けていることへの改善に関しては、お金がかかるからやらないとはっきり言われました。自分の文句は言うくせに、自分は全く改善する気がないとはっきり言っています。
ブンブン
2016/10/31 22:59
弁護士にも相談をしたのですが、普段からその方は深夜にかなり長い時間ご家庭内で大声で怒鳴り散らしたり物が割れる音がしたりしているので、そういうことも聴こえているので、逆恨みをされたら怖いので、弁護士も危険な状況だと言っています。そもそも、竹木を伐るにも自分の内側からはトタン板があって伐れないから、家に来て伐ると言われ、私はその方に来てほしくないですし、他人の庭の手入れをなぜ私のうちの庭ですると一方的に言われて、とにかく自分の敷地内の管理をしてくださいと言っても、「できない」「いやがらせ(みたいな)」と言われているので、全く話になりません。
そもそも、先方のお宅の管理ができてないことで迷惑が私にかかっていてケガをしているにもかかわらず、そんなのは自分で処理してくれというような人です。また、真夏がものすごい状態になるにもかかわらず、その時期は忙しくて時間がないから何もできないです、と平然と悪びれることもなく謝罪もありません。私がいけないのですか?休日は、遊びに使うから、こんなことやりたくないと開口一番に言われました。根源は先方の管理不足なのに、私がすべていちゃもんをつけていて、そんなの自分でやれよ、と言われています。弁護士に相談をしたのですが、その調子だと逆恨みで危害が及ぶ可能性がありますが、警察は事件が起きてからでないと動いてくれないですし・・・。我が家は購入した家なので簡単に引っ越しもできません。正直、完全にノイローゼ状態です・・・。
ブンブン
2016/10/31 23:00
ちなみに、今回「根本的対策をお願いします」とお願いしに伺ったのですが、「できるわけない、コンクリで庭を埋めてもどうせまた竹木は生えてくるし、そのお金はどうするわけ?」と怒鳴られました。なので、私はお宅の被害ですでにかなりのお金を使っているのですが・・・と下手に話したのですが、とにかくできない(やらない)から、と言われたので、これでまた話に行くと、さらに逆切れされますし、今後他のことでいちゃもんを我が家に言ってくるようになると思いますので、怖くて何もできません。
ブンブン
2016/10/31 23:05
根本的対策としてはその竹木を別の場所に(最低限、ブンブンさんの家に入らない位置にまで)植え替えてもらうことが良いと思いますが、その方法はどうでしょうか?

不動産を購入した時に不動産屋は重要事項の説明でそんなことを言ってなかったではないか?購入時にたとえ越境していなくても「越境する恐れがある場合は説明する必要があるのではないですか?と不動産屋にも相談してみてはどうでしょうか?

それにしてもその頼んだ弁護士は「危険な状況だ」と言っているだけで何にも対処をしてくれないのでしょうか?それではいたずらに相談料だけ取られるだけでしょう。願わくばもっと良い弁護士に頼んだ方が良いとは思いますが。

お話しを聞いている限りではブンブンさんは至極正当で間違ってないと思われます。本当は向こう三軒両隣との間がらでは良い関係を築きたいところですが、昨今の人は自分のこと中心で他人のことを顧みない人が多くなりました。

お隣りでなければ、内容証明も有効でしょうけど、お隣りとの関係は何とか壊したくないです。

OREO
2016/11/01 19:42
今回もご丁寧なアドバイスをありがとうございます。依頼している弁護士はもう何十年物付き合いのある弁護士で、内容証明を出すことで竹木および大木の除去をお願いすることはできますが、それをした後に、先方がとにかく自分は一銭もかけたくないし、言いがかりを私がつけてきて不愉快、休日になんでそんなことをしないとならないんだ?嫌なら自分で伐れと言っているようで、まったく謝罪はなく先方がとにかく嫌がらせをされているのでいい加減にしてくれと言いきっているので、内容証明を出して仮に執行(?)されたとしても、その手の人だと脅し文句を履いているのでいやがらせを受ける可能性があるので、選択が難しいとのことでした。警察も事件が起きないと何もしてくれないので、どうしますか?と言われました。なんだか、もう引越しするしかないみたいですが、当方体調も悪いですし、国からの支援金だけで生活をぎりぎりしているので動くにも動けません。
ブンブン
2016/11/01 21:55
不動産屋は、買う時に私が現状を見ているので、全く責任はないので知らないと言われました。すでにお隣との関係は、完全に崩れています。これは私の病気の問題なのですが、お隣の声やすれ違ったりすると怖くて震えが止まりませんし、在宅中も我が家の前で音がするとカーテンの隙間からのぞいています。怖くてカーテンも開けられない状態です。今日もノイローゼ気味なので、病院に行ってきました。呼吸器系等の病気もあるので、極度の緊張があると呼吸困難になるので、自宅にいてもそんな状態です。とにかくお隣は一銭も出さないし労力も時間も出さない。そっち(うち)で勝手にやってくれと言っています。仮にやったとしても、私は到底できませんし、人件費は発生しますし、さらに私の住む地域は敷地内の灌木の処理は有料袋に入れないとなりません。我が家はコンクリのような物で自力で庭を固めましたし、高い塀があるため我が家の竹木が公道に出ることはありませんん。ですが、先方の枝木葉が我が家の前に吹きたまるので、ご近所はうちの物だと勘違いして苦情が来ています。もうこうなると、引越しするしかないようです。精神的に持ちません。ツタが絡んで窓が開かないとか、窓を開けると室内に枝葉が侵入してくるくらいの惨状です。

→本的対策としてはその竹木を別の場所に(最低限、ブンブンさんの家に入らない位置にまで)植え替えてもらうことが良いと思いますが、その方法はどうでしょうか?

これをした手に出てお願いをしたのですが、お金もかかるし休みは遊びたいからできないと言われました。仮にやったとしても、その費用は誰が出すの?と言われましたし。でも我が家の欠陥部分は、早急に直してくれないと困ると言われました。自分たちは誠意を見せずに、被害者であるこちらがすべていちゃもんを付けてるだけで不愉快だとのことです。お話に全くなりません・・・。

ブンブン
2016/11/01 21:56
不動産屋は関与しないということなのですね。現地で確認したとしてもそこまで素人が予見できる訳でもないのに売ったら終わりというのも何だか商売一筋で味気ないですね。

内容証明も多分、裁判沙汰にしてもその後で嫌がらせを受ける可能性が高いので無理だと弁護士は言われるのですね。

「普段からその方は深夜にかなり長い時間ご家庭内で大声で怒鳴り散らしたり物が割れる音がしたりしている」とはおそらくご夫婦で暮らされているのだろうと思うのですが、奥さんにDVでもされているのでしょうか?それだとその奥さんも被害者ということになります。

これだけ自分勝手で我がままな人もいるのだと驚きですが、世の中にはそういう人がいるものだとニュースでは聞きます。昔あった騒音おばさんの事件もその手の類かもしれません。また、最近はゴミ屋敷に住む人も近隣住民に迷惑をかけているのにも関わらず対処をしない。

ここまでの現状では私から言えることは引っ越しをされるしか手がないかもしれません。ご病気とそれまでのお隣りとの苦労を思うとさぞかし苦しんでおられるだろうと心が痛みますが、今までかかった費用とこれからもかかるであろう費用に少ない手元資金ではどうしようもないのだと思います。
OREO
2016/11/02 05:26
それとは別の話しになりますが地図混乱地域というのがありまして、法務局に備わっている公図と現地が食い違っており、不動産屋はそんなのは知らないよというまに売りに売ってあとは逃げてその土地を購入した人たちは公図と現地が違うから道路とかが壊れていても復旧もできず、しかも売ることもできないという事態に何十年も苦しまされている人たちもいます。固定資産税やら何かと使えないのに払わされるだけは払わされて、それでもそこに住めないから引っ越しはしてしまったという人がたくさんいるという現状がある土地もあります。そういうこともあったなと思い出しました。

あんまり頼りになる回答を出来なかったことは申し訳なく思います。
OREO
2016/11/02 05:26
色々と親身になってアドバイスをしいてくださり、有難うございます。
本当に理不尽ですが、やはり引越しをせざるを得ないのかなと私も思っています。
本当に、本当に有難うございました。

ブンブン
2016/11/02 12:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
竹木の枝の切除、根の截取(民法233条) OREO's page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる