OREO's page

アクセスカウンタ

zoom RSS 期待外れの「ファースト」の世の中

<<   作成日時 : 2017/08/08 06:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月13日付けで日本ファーストの会が発足されましたが、思っていた通り、「都民」ファーストの会が「日本」ファーストの会となりました。文字だけで言えばアメリカファーストの追随と見えてしまうのですが、名前の通り保護主義を目指すということでしょうか?

1番じゃなきゃダメですか?って言っていた蓮舫さんは民進党代表を辞任しました。「都民」を「日本」に波及できるのならそれを「世界」にっていう話にはならないところに限界があるのかもしれません。幕末の世には鎖国か開国かで志士たちが悩んだのもそういう類と思ってみると少し面白い気がしますが。

よく思うのは毎回、「期待外れ」に終わるということです。民主党でも自民党でもそれまでのいろいろな党においても。アメリカの縮図になってしまっている日本にとって参考になるのはアメリカ、ということなのであれば今のアメリカはどうなっているのか。トランプさんに期待した大多数の人たちは今はどのように思っているのか。期待外れに思っているのか、それともまだそうではないのか。

日本の会社は依然、ブラック企業が横行しており、どんどんと増えているということです。これも会社ファーストという形でうごめいているからかもしれません。この会社ファーストなる世の中で労働者ファーストの考えは浸透するような動きは出ているのか。

といって私にはこの「ファースト」という言葉にはどこかうさん臭さを感じます。会社でも労働者でもファーストにするべきではないと思いますが。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
期待外れの「ファースト」の世の中 OREO's page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる