アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
OREO's page
ブログ紹介

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
男性保育士の厳しい現状に釘
勤続5年目で手取り16万円 「結婚は諦めました」と語る男性保育士の厳しい現状(平成29年5月22日付キャリコネニュース) また、夢を実現させるという目標があることも、切り詰めた生活を我慢できる糧になっていると言う。そうはいっても、やはり手取り16万円は低すぎる。性別や年齢を差し引いても、腑に落ちない思いは抱えているという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/23 06:21
ありかなしかで言えばありの年の差婚
女性20代と男性40代のカップル、どう思いますか? 「芸能界はありだけど、現実ではなし」という声も(平成29年5月14日付キャリコネニュース)を読んで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/15 07:33
日本の肩書社会へのこだわり
この記事のこの部分を読んでいると、日本は肩書社会にこだわる人がとても多いのだろうなと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/09 08:23
「依存」症・・・ではなく「衝動」症の方が・・・
依存症・・・その言葉に違和感を持つ。「依存」ではなく「衝動」症なのではないか?「依存」だとパラサイトの方にイメージを置いてしまうが、それはさて置き、この依存症の有病率が日本は他外国に比べ突出しているらしい。新聞では依存症により破滅に至った人の詳細が書かれてあった。特にギャンブル依存症が取り上げられ、麻薬もそうだろうけど、その症状になったらもう苦しいの一点張りだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/06 06:11
憲法施行70年の節目に
憲法施行70年の節目に 産経新聞は憲法施行70年という節目にちなんで一面のトップに「憲法70年。何がめでたい」と題した記事を載せた。それ以外にも一面のコラム、主張、そして名だたる人たちの論説がこれでもかとこぞって記事を載せているが、まずは憲法と現在の状況についてどう思うか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/03 05:54
モーレツ社員の完全否定に納得
今日の産経新聞は一面で「完全否定されるモーレツ社員」と題して書かれ、一面のコラム+社説でもこの働き方改革(過労死の問題)について取り上げていました。そういえば、メーデーの日だったなと思いながら、記事を読んでいるとやはり長時間労働による過労死に焦点が当てられている。しかし、モーレツ社員だった人たちからは批判的だということも書かれていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/01 20:18
政治家は「失言」問題よりも、「心情」問題で考えるべき。
もうすでに兆候は出ていたのに歯止めをすることができなかった。何だか警察の後手後手の手法に似通っているが、今村復興相のことである。発言を気を付けるのは必要なことでありながら、心情が吐露するということは避けることができない彼の問題だろう。そう思っていることに変わりはないのだから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/27 04:50
サービス残業とはなぜ起こるのか?
真宗大谷派で40年超ものサービス残業が行なわれていたことが新聞記事に書いてありました。なぜサービス残業は行われるのだろうか?そこに焦点を当ててみたいが、労働時間を1日8時間とし、それ以外を残業時間としたことにまず今までの日本社会に不具合が出たのではないか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/26 07:42
ディズニーが保護主義でユニバが自由主義という感じか?
ディズニーランドが保護主義でユニバーサルジャパンが自由主義という感じなのかな?とふと思った。ディズニーは伝統を守り、他のものは入れないが、ユニバは何でも雑多に取り入れる。人気で言えば、ディズニーが少し陰り、ユニバは上昇傾向にある。私からしたらユニバは取り入れすぎてもうついていけない感を抱いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/25 07:45
同一労働同一賃金に懐疑的なところ
同一労働同一賃金について懐疑的になっている。懐疑的な点は同じ内容の仕事をすることに対してそれぞれ個々のスキルを考慮しないのは何故なのかという点である。それは成長というカテゴリーを無くしているに等しいではないか。それは年功序列と定年制の崩壊という2つの作用をもたらしている今の日本にとってもそこは外せない項目だろうと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/24 08:38
女性問題と男性問題の特質、か?
女性問題で何かと芸能界や政治関係の人たちは話題を賑わわせますが、これはこういう環境になればなるほど陥ってしまう問題なのだろうか?それとも一般の人でも同じように女性問題で事を起こしているのだろうか?おそらく後者の方で一般の人はただ記事にはされないだけに尽きるからだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/22 07:23
いじめと日本の特質について
大津市でまたいじめがあり、それを男性教諭に被害を訴えていたにもかかわらずこの教諭は1カ月放置していたとして記事になっています。大津市ではいじめ自殺が起きてから改善に向けて頑張っていたのではなかったかという思いから衝撃がひとしお激しくなるだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/21 06:55
温泉好きな日本人と政治に無関心な30代
こんな記事を見つけました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/18 08:28
組織の存在意義とトカゲのしっぽ切り
組織の存在意義について日本では所属という形で恩恵を受けている。恩恵を受けている分、仇となることが多々ある。人間は共同して1+1=2となる公式ではないそれ以上の効果を受けるということは数式への反発という作用をもたらす。それが崩れてきている。過労死の問題もそれと同じか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/18 06:18
性善説で見ることができない社会の崩壊
性善説で見ることができない社会の崩壊が起こっている。道路交通でもそうだし、児童に対する性犯罪でもそう。これは一体何の欠如だろうか?教育の欠如だろうか、それとも社会の構築による環境の欠如だろうか。人を法で縛るのは必要な範囲で行われども、それ以上に重要なのが倫理意識ではないだろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/17 07:19
北朝鮮有事に際しての根本解決は?
北朝鮮は昨日また弾道ミサイルを発射したそうです。この北朝鮮の何度もの有事に関してどう考えたら良いのでしょうか?いまだに拉致被害者が日本に戻ってこないことにイライラする中でたとえ拉致被害者が戻ってきたとしても北朝鮮はさらに拉致をするのではないか?という危惧がつきまとう。つまり解決する根本とはただ今拉致されている拉致被害者だけが帰ってきたらよいのかという疑問です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/17 05:51
浅田真央さんの引退について
浅田真央さんの引退について テレビで浅田真央選手の14年ソチ五輪の時の演技を放送していたのを再度見たのですが、その時見た思いが心に蘇った感じでした。アスリートは引退をどう決めるかでとても悩むことだと思いますが、私は彼女は休暇する前に引退した方が去り際としては良かったのではと思っていました。しかし、そうではないことに反省している自分がいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/16 06:03
同一労働同一賃金の余波は定年後再雇用まで波及した
同一労働同一賃金の波は定年後再雇用の者にまで波及するのか?正規雇用と非正規雇用だけの問題でなくその問題にまで及んでいるのがこの問題の焦点でしょう。運送会社長沢運輸というところが裁判を行っているようですが、地裁は違法だとして差額分の支給を求めたが、控訴審で高裁は退職金や在職老齢年金制度もあるから賃下げが不合理とはいえないと覆り、最高裁が待たれる状態のようです。これをどう考えるか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/13 11:18
ヤマト運輸の未払い残業代過去2年支給について
ヤマト運輸は未払い残業代について過去2年分に限り一部地域でも支給を始めたそうです。これは労働基準法請求権を2年間と定めているからだそうですが、法に守られた形といったところでしょうか。社員からはサービス残業はもっとあったのに2年に限るとするのはおかしいといった声も出ています。違法ではないが何かしっくりくるところがない。それはもともとサービス残業をさせている時点で違法だからではないのか? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/13 11:08
本は何のために読むのか?
朝日新聞のオピニオン欄に「読書はしないといけないの?」という投稿があり、それに対しての意見が口論されていたようです。読書をなぜするのか?という問いに知識の習得をあげるとすれば昔は本しかなかったから本を読むことは知的好奇心の広がり以外の何物でもなかったと思います。それが今や情報社会となり、いくらでも情報を知り得る社会になったため、単なる娯楽の一つとして成り下がり、大学生は読書時間0分なんてことにもなってしまったということではないでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/12 21:34

続きを見る

トップへ

月別リンク

OREO's page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる