OREO's page

アクセスカウンタ

zoom RSS 人口減における外国人の流入に懸念

<<   作成日時 : 2017/04/11 05:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の新聞で50年後の日本人は8808万人となり当初想定していた数値よりは少し持ち直すとの目算がされていたと書かれていました。しかし、油断は禁物としてその一つに外国人の流入をあげていましたが、外国人の流入によって懸念されるのは人としての質です。多様な文化の交流は望むべくもないと思いますが、なぜ質が劣化するのでしょうか?

今ニュースでやっていたのは奈良県の鹿への何でもありのエサやりです。確かに日本人もいましたが、外国人の方が何でもかんでもエサをやっているのが多かったです。草食動物にそれ以外の食べ物を与えて鹿に影響が出て死んでしまうケースもあるそうではないですか。生態系まで壊すつもりですか?

なぜ質が劣化するのかを考えると、日本人の質がもともと高かったからではないかと思います。それが外国人の流入によって混在し、質が劣化してしまったら元も子もないです。世界はこうなんだからという意味でとらえる人も出てくるかもしれません。国際化とはそういう意味ではないでしょう。日本の良いところは残しつつも外国の文化を取り入れる、そうあるべきです。

小学校では道徳が教科化されるそうですが、一体どんな授業が行われているのでしょうか?いじめとかが重きをなしているでしょうけど、質という点でも教育してもらいたいなと思います。それはいわば横社会と縦社会というのもあると思います。横社会の良い面もあれば縦社会の良い面もある。どちらかだけに偏るというのも駄目でしょうしね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
人口減における外国人の流入に懸念 OREO's page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる