アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「政治関係」のブログ記事

みんなの「政治関係」ブログ


憲法施行70年の節目に

2017/05/03 05:54
産経新聞は憲法施行70年という節目にちなんで一面のトップに「憲法70年。何がめでたい」と題した記事を載せた。それ以外にも一面のコラム、主張、そして名だたる人たちの論説がこれでもかとこぞって記事を載せているが、まずは憲法と現在の状況についてどう思うか?

私は憲法学者ではないので法的なことは分からないけど、近隣の諸国(北朝鮮、中国、ロシア)による有事、またはテロリズムという脅威が目に見えて近づいていることは憲法改正に反対、賛成どちらも納得できることだろうと思う。むしろこの有事にそんなことはない日本はこれまでもそしてこれからも平和だと言い切る人がいるのであれば別の意味で幸せな人だろう。

北朝鮮に拉致された人々はそんな人々を恨むのではないだろうか?私たちは何十年苦しみに耐えてきているのに、いや拉致された人々だけでなくそのご家族に至るまで苦しみに今も耐えている。トカゲのしっぽ切りで終わって良い問題ではない。臥薪嘗胆なんていう苦しみに耐える言葉があるが、文字通り、たきぎの上で寝て、肝を嘗めて屈辱を忘れないようにする。言葉が出来たときのは中国の故事だから、恨みを忘れないためということになるが、平和になれないためということで転用できようか。

人間とは弱い生き物である。それが数が増えると途端に強くなる、と勘違いしてしまう。大衆の意見に惑われぬように一人一人意見を持たないといけないだろう。





日本国憲法はこうして生まれたー施行70年の歴史の原点を検証する
本の泉社
川村俊夫

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本国憲法はこうして生まれたー施行70年の歴史の原点を検証する の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


政治家は「失言」問題よりも、「心情」問題で考えるべき。

2017/04/27 04:50
もうすでに兆候は出ていたのに歯止めをすることができなかった。何だか警察の後手後手の手法に似通っているが、今村復興相のことである。発言を気を付けるのは必要なことでありながら、心情が吐露するということは避けることができない彼の問題だろう。そう思っていることに変わりはないのだから。

問題はそう思うかどうかにかかっているのだから、国民にとってはある種分かりやすい。何を思っているのか分からないトップ筋であれば因業うごめく政界になるだろうから。また、こういう今村さんのような方は記者につられたりして下手だったのだろう。

これは政治サイドから見た意見になるが、被災者から見た意見になるとこれほどの侮辱はない。被災者へのいじめと取られても仕方ない。また、国民から見たら不幸なことである。私たち国民をひいては日本を引っ張っていく政治家がこの体たらくでは。

政治家の「失言」問題という言葉でよく新聞には書かれたりするが、違うと思う。政治家の「心情」問題ということで今後は考えていく必要があり、そうでなければ今後これらの問題は全く解決されない。心情を押し隠すことができるプロではない方々がごまんとおられる中で新聞の記事をにぎわすのは新聞の劣化にも等しいだろう。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


温泉好きな日本人と政治に無関心な30代

2017/04/18 08:28
こんな記事を見つけました。

30歳以上の女性がやってると痛い事 「LINEで小文字使い」「若いころのモテ自慢」(平成29年4月17日付キャリコネニュース)
「大人なんだから」という理由で、「政治にあまりに無関心な人。選挙に行かないとか聞くと正直ドン引きする」という声も。


30歳以上で選挙に行かない人が引くという意見だろうけど、逆に考えたら30歳以上になってから急に選挙に行くというのもどうかと思う。選挙に行く人は20歳になってから行っているはずだ。それを30歳になって恥ずかしいから行かないといけないななんて思うのは20歳になってから恥ずかしいから行かないといけないなと思わなかったこととどう違うのか。

それは20歳になって成人したという意識の欠如であり、30歳になって成人したという意識を持たないと恥ずかしいという意識の再起であり、成人年齢を18歳以上に引き上げようとする社会の動向と矛盾する。ただ行かない人はいくつになっても選挙には行かないだろう。

平和というぬるま湯に浸かってゆでガエルとなり、定年後にはどのようになっているか想像できるかの違いであるといえば目が覚めると思った人はまだ目覚ましが効く範囲にいるのか。日本は温泉が好きなんだな〜。私も好きですけど。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


北朝鮮有事に際しての根本解決は?

2017/04/17 05:51
北朝鮮は昨日また弾道ミサイルを発射したそうです。この北朝鮮の何度もの有事に関してどう考えたら良いのでしょうか?いまだに拉致被害者が日本に戻ってこないことにイライラする中でたとえ拉致被害者が戻ってきたとしても北朝鮮はさらに拉致をするのではないか?という危惧がつきまとう。つまり解決する根本とはただ今拉致されている拉致被害者だけが帰ってきたらよいのかという疑問です。

北朝鮮の最たるものは何か?軍事そのものではないか。それを根こそぎ取ってしまうことができたらライオンが猫になったも等しいような気がする。何か国もの国からその人民を拉致し、核開発をして核・弾道ミサイル訓練のため発射を繰り返し、幹部連どころか実の兄弟も殺す。自国の人民は疲弊し、他国へ逃げようとする中でそんなことよりも必要なのは他国に勝てるかどうかだけ。核開発が成功したときのトップの喜びようといったら子供がおもちゃで遊んでいる時のようにうつる。交渉事なんてことが大人でない人に通用しますか?

昔、電子レンジが家に登場した時に中に料理を入れてボタンを押して、チンするだけというのが画期的で驚いたものですが、ミサイルの発射ボタンを押すだけのトップに似た思いがする。大人でないというのは国際社会で協調をするつもりがないという部分です。子は親に教えを受け、といったら親が、またその親が同じことをして同じ教えをしているのであればそういう子供がそのまま大人に育つというのは誰もが分かることです。そうでない教育をしていた兄は殺されたということなのかもしれませんが。

しかし、拉致被害者家族のお年が高齢になり、取りあえずは今の拉致被害者の救出の方が先決事項ではありますか。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


人口減における外国人の流入に懸念

2017/04/11 05:00
今日の新聞で50年後の日本人は8808万人となり当初想定していた数値よりは少し持ち直すとの目算がされていたと書かれていました。しかし、油断は禁物としてその一つに外国人の流入をあげていましたが、外国人の流入によって懸念されるのは人としての質です。多様な文化の交流は望むべくもないと思いますが、なぜ質が劣化するのでしょうか?

今ニュースでやっていたのは奈良県の鹿への何でもありのエサやりです。確かに日本人もいましたが、外国人の方が何でもかんでもエサをやっているのが多かったです。草食動物にそれ以外の食べ物を与えて鹿に影響が出て死んでしまうケースもあるそうではないですか。生態系まで壊すつもりですか?

なぜ質が劣化するのかを考えると、日本人の質がもともと高かったからではないかと思います。それが外国人の流入によって混在し、質が劣化してしまったら元も子もないです。世界はこうなんだからという意味でとらえる人も出てくるかもしれません。国際化とはそういう意味ではないでしょう。日本の良いところは残しつつも外国の文化を取り入れる、そうあるべきです。

小学校では道徳が教科化されるそうですが、一体どんな授業が行われているのでしょうか?いじめとかが重きをなしているでしょうけど、質という点でも教育してもらいたいなと思います。それはいわば横社会と縦社会というのもあると思います。横社会の良い面もあれば縦社会の良い面もある。どちらかだけに偏るというのも駄目でしょうしね。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


政治家の不毛な議論との末に・・・

2017/04/09 05:20
産経新聞に横田滋さんと横田早紀江さんが「めぐみへの手紙」と題して文章を載せています。その中でこんなことが書かれていました。

めぐみへの手紙(平成29年4月9日付産経新聞)
ひとたび北朝鮮で事が起こり、暴走が始まればすべての日本人が一瞬で消えてしまうかもしれません。そのとき、国民を守れるのか。拉致被害者を救えるのか。国家の危機がすぐそこにあるのに、政治は真剣に考えているのでしょうか。本当に国を思い、国民を思い、北朝鮮に拉致された子供たちを思っているのでしょうか。

国会を見ていても、「もっと重要な問題があるのに・・・」とひどく悲しくなることがあります。重要な問題をあえて議論しないような動きがあるようにも感じます。今、日本にとって本当に大切な事柄を議論してほしいと心から願います。


この忸怩たる思いは国民が思うのではなく政治家の方に思ってもらいたいと思います。また、多数メディアだってそうです。その点を門田隆将さんはついています。

放棄された使命と責任(平成29年4月9日付産経新聞)
5日には、米中首脳会談を前に新たな弾道ミサイルも発射された。ミサイル発射から日本国土への着弾までは「10分」を要しない。しかも、多数発のミサイルへの日本の防御システムには実効性に疑問の声がある。これに対して、社会の木鐸(ぼくたく)であると同時に、警鐘を鳴らす役割を果たすべき新聞は、どう報じただろうか。残念ながら、それは「お粗末」というほかない。

新聞がこの2カ月、紙面を使い続けたのは、かの「森友」問題だ。もともと豊中市の共産党市議が教育勅語朗読の学園は「許せない」と宣言して仕掛けた政治闘争にメディアが乗り、首相の直接関与での追及が無理ならば、「忖度」なる言葉まで捻り出して、推測に推測を重ねた不毛な論議がくり返された。


2カ月といわず横田さんからしたらこの拉致されてから40年めぐみさんが帰ってこない年月不毛な論議を繰り返してきたと嘆いていることでしょう。そんなことは自分の娘が同じ状況にあったらと考えたらと想像するだけでも分かることです。ゆでがえるはじわじわと気付かない間にという状況でしょうけど、それの逆でじわじわと苦しい状況が蓄えられ、苦しみを増やしながらという状況でしょうか。

国家安全保障会議(NSC)は北朝鮮政策見直しの中で検討していることとして北正恩氏殺害も選択肢として挙げているとのことです。これが実行されたらどうなるでしょうか?私にはそこらへんの政治状況は分かりませんが、横田さんに対して、また日本に対しても良い方向へ向かってほしいと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


不正受給する人に教育を語る資格があるのか?

2017/04/03 08:56
森友学園では専従栄養士と専従園長への補助金が不正に取得されていたとして補助金返還の話しが出ておりますが、これは詐欺による取得であり、返還だけでなく罰金なりなんなりと追徴しないといけないのではないでしょうか?どちらも常勤を装うといった行為ですが、これは国あるいは地方公共団体だけでなく税金を払っている私たち国民を愚弄する行為です。

では不正に取得した補助金を何に使ったのでしょうか?最近は弁護士の横領問題も出まくっている始末です。こうも劣化が叫ばれると、秩序がない社会となってしまいます。森友学園では教育勅語を教育理念としているようですが、教育問題に関していいますと、教育勅語がどうのこうのというよりもそういう不正をしている人に教育を語る資格があるのかと疑いを持ちます。

籠池氏への期待があった人も失望に変わっているという声が出ているようです。なんだか宗祖のようなイメージを持ってしまうのですが、神通力がなくなったのか、化けの皮が剥がれたのか、それは皆さんが今までのニュースを見てわかることでしょう。

記事へ面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


トランプ大統領と秀吉が似ているという記事

2017/03/28 13:27
以下の記事を見つけまして、私も以前思ったことがあったなと。

[1]トランプ大統領は豊臣秀吉に似ている(平成29年3月15日付WEBRONZA)
これはそもそも、木村さんと何かをやろうねっていうきっかけになったことなんです。要するにトランプ氏が大統領に当選したときに、日本時間だと昨年の11月9日になってたのかな、それぐらいに私がツイッターでわーっとこう、「いまこんなことになってるー」っていったときに、「トランプ氏のことを調べれば調べるほど、秀吉にそっくりだー」みたいな話を私が書いたんですけど、そうしたら木村さんが、「おっ、それはおもしろいですね。どっかでやりましょうよ」ということで、今ここに居るわけなんですが。


私も前に書いた記事を探してみました。

ドナルドトランプさんと豊臣秀吉は何だか似てないか?(平成28年11月14日付OREO's page)


11月14日ですか。私の方が気づくのが遅かったようですが、同じようにそう思った人がいたということは少し嬉しいですね。ということは栄光の末に秀吉の晩年を想起してしまいますが、ドナルドトランプ大統領はどうなるでしょうか?そうなっては欲しくないと皆が思っているでしょう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


籠池宗教に陥ってしまったら・・・

2017/03/24 05:07
損得にまみれた人間というのはどうしてこうも最後の最後まで損得勘定が抜けきらないのか。損得の「得」があれば「損」も必ずある。誰かに「得」があれば誰かに「損」がある。その「得」を自分だけが取れるだけ取るというのは強欲でしかありません。「得」が取れなければ「損」をするから恨みつらみが出て他人のせいにしてしまう。「損」をして他人を「得」させる、あるいはウィンウィンの関係になろうとする、そんなことは一切考えないのか。

まだ新聞しか読んでいないので籠池氏の証人喚問がどんなだったか分かりませんが、だいたいは想像がつきます。人間ていろいろな事が顔に出るものです。今までの籠池氏の顔を見ていても顔に十二分に出ています。顔から言葉からそして、彼の周りにいる人たち、つまり環境ですね、それが如実に表れています。

彼を信用できるという人がいたらそれは籠池宗教に陥っていることになります。和田秀樹さんが上にたつものの「徳」ということについて新聞に書かれていましたが、上にたつものは徳がないといけません。それがまやかしであったのなら何かの心理的操作に陥っていることになります。

誤ったやり方をやるから教育勅語までが悪い印象を受けているということになるのでしょう。彼自身が教育勅語のどこが悪い?なんて言っていましたが、そうではなく彼が教育勅語をあやめているのだと思います。それだけでなくいろいろな教育の面で「徳」が抜けているからでしょう。

また、テレビでどんな印象だったかを見てみないと分かりませんがね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


民主主義とその変化版ネットのSNS

2016/11/24 05:25
磨井慎吾さんのコラム「もしトラ」と米国民主主義(平成28年11月24日付産経新聞)にこういうことが書かれています。
渡辺はトランプの差別発言には懸念を表しつつも、歴史的経緯の中で見れば「ある意味、トランプが今回選ばれたというのはアメリカの民主主義が完全ぬい機能している証」と意外な評価を与える。なぜなら米国には建国以来、欧州のように特定の層が権威主義的なエリートとなることを拒否する「反知性主義」の理念がある。今次大統領選も、「既存政治家を否定するというムーブメントの中で、アメリカ史をずっと作り上げてきた運動律が、今回Mあた発掘された」と理解できる、というわけだ。


民主主義という言葉は私は前々から思っているのですが、正しいとは限らないということです。もちろんいろいろな思惑や歴史もあると思いますが、多数決という結果にならざるを得ない場合があるからです。今回の米大統領選でもトランプさんが正しかったといえるかどうか。もちろん、ヒラリーさんだとしたって正しいといえるかどうかは分かりませんが。

最近考えるのは民主主義の変化版としてネットのSNSが出てきたのではないかというものです。何か事が起こればネットのSNSで取り上げられ、それが拡散され、異様な事態に様変わりする。まるでそれが正しいかのように盛り上がっている。何だかこれも民主主義と似ているような気がしてならない。

イギリスのEU離脱の問題にしてもわずかの数の差で事が決まってしまいました。これも民主主義ということになればもう何が正しいのか分からなくなってきます。私たちは一体何でことを決めれば良いのか?この浮遊する問題に私は答えを見つけられない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
石原慎太郎さんのコラムにちょっと指摘
平成28年11月21日付の産経新聞に石原慎太郎さんがコラム「気の毒な日本の自衛隊」を書かれているのですが、その中で自衛隊を途中から「国軍」と書いておられます。そんなのを書いて大丈夫なのかな?と思いましたが、内容は自衛隊員にはモルヒネを携帯させていないから、何かの事故などの際には応急処置に間に合わず現にそれがもとで不自由となって退官してしまった自衛官がいることを嘆いておられました。そこに今の自衛隊の難しさが表れているということでしょう。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/21 05:17
トランプ次期大統領の選挙前の態度と選挙後の態度、そして、それに追随する日本(安部首相)の態度
トランプ次期大統領の選挙前の態度と選挙後の態度、そして、それに追随する日本(安部首相)の態度 このトランプ次期大統領の次期大統領が決まるまでの態度と決まってからの態度、そしてそれに追随する日本(特に安部首相)の態度を見るにトランプ次期大統領のビジネスのやりくりを様々と見せつけられているかのように思います。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/19 04:54
世界の警察官という肩書を外し、アメリカ・ファーストになる国
世界の警察官という肩書を外し、アメリカ・ファーストになる国 次期米大統領がドナルド・トランプさんに決まった訳ですから、もうこれからはその線で考えていくしかありません。それで新聞のいろいろなコラムを読んでいて同一点というか気になった部分があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/18 05:32
米大統領選では世論調査も統計も当てにならなかった。
米大統領選では世論調査も統計も当てにならなかった。 今回の米大統領選では世論調査や統計も当てにならなかったそうですが、それはある意味仕方ないと思います。確率なだけであって確定ではないからです。投資と一緒で、確率が高いものに投資したとしても何かがもとでだめになることもあります。だからといって確率が高かったのに、とは言い訳できません。私もその世論調査や統計に引っ張られた口ですけど、そう思うしかないでしょう。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/15 05:25
ドナルドトランプさんと豊臣秀吉は何だか似てないか?
次期大統領に決まったドナルドトランプさんの所有するビル「トランプタワー」は金ぴかですね、私はこれを見て現代の豊臣秀吉ではないかと思ってしまいました。豊臣秀吉は黄金の茶室を作らせたそうで、趣味趣向が似ているかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/14 19:30
1億総活躍という意味ではなく女性はもっと活躍できる社会になれば良いのに。
四面楚歌とはこのことなのかと韓国の朴槿恵大統領を見て思いました。身内とは切り離した関係にあり、友人であったチェスンシル容疑者には裏切られ、国民からはやめろとのデモが起き、野党からは追及されています。昨日の新聞に19〜29歳からは支持率ゼロという記事が載っていました。不支持率は90%台に上り、こんな辛い状況はないでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/13 05:48
米大統領選の結果に日本は覚悟が必要になるかもしれない。
米大統領はドナルド・トランプさんに決まったようです。これは何を意味するのでしょうか?私が感じたのは今までの古い価値観を軒並みぶち壊す破壊を米国民は望んでいたという結果だろうと思います。それは米国内だけにとどまらず、移民のこと、TPPのこと、安全保障のことそれぞれがすべて壊される状態になるかもしれません。もう決まってしまった以上それをどうこう言っても仕方ありませんが、日本は覚悟が必要かもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/10 05:17
米大統領選はその人というより政治方向に選択する方が納得できる。
米大統領選はその人というより政治方向に選択する方が納得できる。 「口は禍の元」の以前に「武士に二言はなし」という気持ちを持ってもらいたいとここ最近のニュースを見て思いました。「冗談を言ったら、首になりそうになった」といった山本有二農水省のことですが、二枚舌にも程があります。ご自身の今までのキャリア経歴が嘆きます。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/08 05:22
韓国の朴槿恵大統領の親友の問題で最低支持率5%
韓国の朴槿恵大統領の親友の問題で最低支持率5% 韓国の朴槿恵大統領の親友の国政介入疑惑問題で支持率が5%まで急落し政権発足後の最低を更新したことに驚きました。そんなにまで落ちるなんてもう誰も信用していないのと同じですが、それよりも驚いたのは今までの歴代大統領も結構少ない最低支持率が新聞に掲載されており、韓国の大統領というその存在自体に、いや韓国という国自体に何か問題があるのではないか?と疑ってしまいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/05 05:08
東京一極集中ならぬ中国人一極集中
昨年実施された国勢調査で、日本の総人口は5年前の前回調査に比べ約96万3千人減少した。大正9年の調査開始以来、約100年での初の減少である。(平成28年10月31日付産経新聞の主張) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/31 05:26
ドゥテルテ大統領の神のお告げをどう見るか?戦術もここまで極まれりか。
ドゥテルテ大統領のこの言動をどう見ますか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/30 05:33
トランプさんもクリントンさんもこの国はこの2人からしかもう大統領を選ぶしかない。
トランプさんに疑いが出たと思ったら次はクリントンさんとお互いに出るわ出るわでこの国はこの2人からしかもう大統領を決めるしかないっていうところに悲しい究極の2択に迫られています。今は女性のトップが盛んに取り沙汰される時代となり、クリントンさんが大統領となれば時代にそうものとなるのかもしれませんが、果たして女性トップは今の時代にそうのかどうかはまた新たに検討の余地があるでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/29 23:27
穴あきコンドーム発言ですって。
こりもせずこういう人がまたいたようですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/30 21:56
野々村元議員の早期収束って
くだんの野々村元議員が「一刻も早く収束するなら、城崎温泉などに行っていないとか、切手を買わなかったことにしても構わない」と回答していたようですが、面白い人ですね。恥の上塗りをしていることに気づかないとは。司法取引でもあるまいし、なかなかの役者ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/25 07:17
小泉元首相と影の宰相
小泉元首相と影の宰相 東京都知事選挙において都民でもない私が敗因した人の理由を書くのはおこがましいのですが、思ったことを書きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/10 20:15
国民の盲信が第一
国民の盲信が第一 最近、読めば意味が分かるって言葉が多くないか? 私の中では調べる能力もなく、解釈する能力もない子供限定に向けてならば、そういうのもありだとは思っていたが、これだと子供扱いだと取られても仕方がない。小沢さんが新党を結成した「国民の生活が第一」の新党名のことだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/15 09:15

トップへ | みんなの「政治関係」ブログ

OREO's page 政治関係のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる