OREO's page

アクセスカウンタ

zoom RSS 時代の到来と私の気持ちの到来との乖離

<<   作成日時 : 2018/01/12 07:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

AIという言葉に最近は特に心が揺さぶられる。これからはAI時代といっても過言ではない。最近はこの言葉を聞かないときはないぐらい頻繁に出てくるが、知らない人だって結構いる。私の親は知らないようだった。親は新聞だって取っているし、サラッとではあるだろうけど、何かしら目を通しているから知っているとばかり思っていたが、気にならない部分や難しい部分は素通りしてしまうものかもしれない。

もしかしたら、EUとかOECDとかそういう英語の表記についていけなかっただけかもしれない。しかし、ついていけないからといって時代は止まってはくれない。ソニーはAIを搭載したロボット「aibo(アイボ)」を発売した。これはロボットとの共生時代をうたっているわけだが、重要な部分はAIであろう。

米ラスベガスで行われた家電見本市では軒並みAIの話しでもちきりだった。「家電」見本市なのに家電の会社は後塵を配した。車業界でも同じであろう。これからは車でもAI搭載が標準になる時代が来るのであろうし、そうでなくても車業界はガソリン車からEV(電気自動車)への移行が世界で行われようとしている。

今はいろいろな業界の黎明期なのかもしれないと思うと、心穏やかにはいられない。時代は様変わりしていく中で焦燥が募るとはいっても私自身はいつまでたってもアナログタイプなのは時代についていけていないのだろうか。私も親と同じ、か?

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
時代の到来と私の気持ちの到来との乖離 OREO's page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる