OREO's page

アクセスカウンタ

zoom RSS 本は何のために読むのか?

<<   作成日時 : 2017/04/12 21:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

朝日新聞のオピニオン欄に「読書はしないといけないの?」という投稿があり、それに対しての意見が口論されていたようです。読書をなぜするのか?という問いに知識の習得をあげるとすれば昔は本しかなかったから本を読むことは知的好奇心の広がり以外の何物でもなかったと思います。それが今や情報社会となり、いくらでも情報を知り得る社会になったため、単なる娯楽の一つとして成り下がり、大学生は読書時間0分なんてことにもなってしまったということではないでしょうか?

つまり、この問いは情報はいくらでも他に取得する方法があるのに読書をしなければならないのか?と置き換えられるかもしれません。そして、娯楽なのであれば他にいくらでもあると。また、新聞でもいえることですが、本でもそれぞれの業界が衰退して売れなくなり、潰れてしまうのではないかという危惧が見え隠れする。それは知的好奇心を満たすためという大前提というよりも斜陽産業にならないためということに皆が疑問視しだしたということにつながります。

ただ本というのは量が多い分、読むのに拘束される。速読する人がいますが、それは情報を手早く取得するための手段でしかありません。私が本を読むのは「何かしら考えるため」という意味があります。新聞でもネットでもそうですが、何かしら考える手段として用いる。ただ情報を取得するためだけなのであれば何でも良いと私も思います。そこは好みに任せたら。

そこの違いでしょう?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
本は何のために読むのか? OREO's page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる